株式会社MTGの持つ考え方について

これからの日本は少子高齢化に基づく人材不足やそれに伴う労働力不足、さらには海外からの労働者が増加するため社会構造が変化することが予想されています。そのため、今まで通りの社会様式のまま停滞している企業から次々に脱落していくと言われているのです。そのため、進んだ考え方を持つ企業が注目されています。

企業理念について


人材は企業にとって宝と言うべき存在です。どれだけ資産があろうが、それを使いこなす人間がいなければ意味がありません。AIが人間の仕事を奪うと予想されていますが、そのAIを開発するのも人間です。また、人間で無ければ全うすることが出来ない仕事というのも当然ながらあるため、人材に対してどのような考えを持っているのかということがこの先の社会において必要な考えだと言われています。

株式会社MTGが持っている企業理念には「一人ひかる皆ひかる何もかもひかる」というものがあります。これは社員それぞれが個性を出し明るく仕事に取り組むことが出来る環境を作り出すことによって、関係するパートナー企業や顧客に満足感を与え、さらには社会全体を笑顔にすることが出来るという考え方です。このことから企業に勤める一人の社員が世界中に影響を与えるという柔軟な発想を持っている企業だと言えるでしょう。

グループ経営方式について


グループ経営方式として株式会社MTGは、組織を収益部門ごとに分けることで独立した採算制度を採用しています。これを基礎にした運営方式を採ることによって収益を明確化することが可能になるのです。収益を明確化することによって人材に経営者意識を植え付けることが出来ます。これによって経営を「人ごと」として押し付けない全員経営が完成するのです。

では、具体的にはどのような方式での経営が行われるのでしょうか。まず、収益部門ごとにどのような運営を行なっていくのかを経営プレゼンで説明します。この時には様々な立場の人間から質疑応答が繰り返され、納得をもらえれば承認が得られます。プロフィットセンターとして認められることが出来れば独立した事業体として認められ、これが働く従業員の中で大きなプライドとなります。

一人ひとりの社員が独立しているからこそ発展する


企業理念として「一人ひかる皆ひかる何もかもひかる」という考え方を持っているのが、株式会社MTGです。こちらは社員一人ひとりがパフォーマンスを発揮できるような環境を整え、顧客やパートナー企業に認められることが出来れば、それが伝播して社会に良い影響を与えるというものです。このことを達成するために株式会社MTGでは人材を大切にしているのです。

人材を大切にするための取り組みとして株式会社MTGでは「グループ経営方式」を採用しています。こちらは収益部門であるプロフィットセンターを各部門別の採算制度をベースとして運営し収益を明確化するというものです。このプロフィットセンターは経営プレゼンをしなければ承認を得ることが出来ません。そのため、非常に名誉あることだと考えられています。

MTG の未来戦略/ブランド開発企業として新境地を切り拓く