アジアンバンクキャピタルトラスト信託銀行の口座開設と便利なデビットカード

日本国内の金利は、過去に類を見ないほど、非常に低い状況が続いています。そのため、単にお金を預けているだけでは、いつまでたっても、資産は増えてくれません。将来のために、少しでも多く資産を増やしたいと思っているのなら、金利の高いアジアンバンクキャピタルトラストのような、海外信託銀行にお金を預けるべきなのです。

asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)が人気の理由

asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)は、2018年に設立されたばかりのトラスティーバンクです。ライセンスは、アメリカのワシントンD.C.で取得しています。もう少し詳しく調べたところ、会社番号はEXTUID_4227765、管轄しているのはコロンビア特別区だそうです。アメリカで銀行業を行うためには、かなり厳しい審査を突破しなければいけませんが、こちらのトラスティーバンクは、しっかりとクリアしていることから、信頼性の高い会社であることがわかります。

また、拠点をハワイにおいていることから、米国オフショア信託銀行であることが分かります。拠点のあるハワイには、顧客専用の贅沢なプライベートサロンがあるなど、他のトラスティーバンクと比べ、魅力的な部分が多いと言えます。

asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)の口座開設

通常は、海外拠点の信託銀行の口座を開設する時には、マネーロンダリングを防止する目的から、現地に出向いた上で、開設手続きをするケースが大半を占めていました。日本よりも金利などが高いため、魅力的ではあったのですが、海外に行く手間や旅費のことを考えると、海外口座を所有するメリットは、そこまで大きくありませんでした。

しかし、こちらのトラスティーバンクでは、スマートフォン用のアプリを使って、日本から手続きをすることができます。しかも、作業だけでしたら、ものの数分で完了してしまいますので、忙しい人でもわずかな空き時間で開設することができます。そもため、海外口座で資金管理をしたいけど、渡航費用や手間を考え諦めていた人たちから絶大な人気があるのです。

asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)のデビットカード

asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)では、口座開設時に、デビットカードを作成することが可能です。これは、デビットカードを使って預金を出金するサービスを持っているからです。

デビットカードには、MastercardやJCB、ダイナーズ、AMEXなどがありますが、こちらのトラスティーバンクで採用されたのは、世界一位のシェアを誇るVISAカードです。このVISAのデビットカードを目当てに、口座を開設する方も少なくありません。世界一位のカードブランドと提携している事実が、asianbank & capitaltrust(アジアンバンクキャピタルトラスト)の信用性を高める結果に繋がっているようです。

アジアンバンクキャピタルトラストの最新情報まとめ