株式会社MTGのReFa(リファ)について

日本企業の衰退が騒がれて久しいですが、本当に日本の企業に力が無くなってしまったのでしょうか。今、日本のメーカーであることに誇りを持っている企業を見つけることが、グローバル社会において競争力を保つという観点から重要であると言われています。

自社開発について


企業のブランドイメージというのは消費者にとって大きな信頼となっています。しかし、そのブランドイメージばかりに気を取られていては本質を見逃してしまうこともあるというのもまた事実です。大企業の製品が実は他の企業が開発したものであるということも多々ある話であるため、自社で開発しているということに誇りを持っていることが重要となっています。

株式会社MTGは自社開発にこだわりを持っています。BEAUTY&WELLNESS領域の中で、ユーザーの求める期待を超える商品を届けることによって感動させる製品づくりに励んでいるのです。そのためには過去の業績から積み上げた知見やノウハウにこだわらないということが大切になります。大胆な挑戦は時に人を臆病にさせますが、このような勇気あるチャレンジこそがユーザーの信頼を掴むコンセプトを生み出します。

ReFa(リファ)について


「美しさ」は多くの人たちの生きがいとなっています。しかし、その生きがいがいつしか強制されたものになっていたということも否めません。「こうあるべきだ」と定められた美しさになぞられて作る美容というのは義務感を植え付け、そしてそれが窮屈な生き方として強迫観念になってしまっているという考えがあります。

このような考えを打破するブランドが株式会社MTGが手がけるReFa(リファ)です。こちらは美容が生きる楽しみになるようなアイテムを提供しています。そのためには生活習慣さえ変えてしまうような既存の枠を取り払った商品を生み出し、その軽やかな発想からある意味で美容業界を破壊するような存在になるという決意を持っています。化粧品と美容機器を組み合わせるという特徴を持っているReFa(リファ)はその使い道が無限大です。

日常に生きる人々をより輝かせる存在


商品の自社開発をしている株式会社MTGは、過去に囚われない柔軟な発想を持って商品開発をしています。このようなチャレンジスピリッツは日本企業に欠けているものだと度々指摘されていますが、過去の日本の伝説的な起業家は進んでこのような挑戦を行なってきました。今や大企業であっても他の企業からの開発に頼ることが少なくない中、株式会社MTGの姿勢には称賛が集まります。

このような姿勢が生み出したブランドがReFa(リファ)です。ReFa(リファ)は美容機器と化粧品を組み合わせることによってその効果を無限大にするという特徴を持っています。本来、美を追究するということはその人にとって喜びであるはずです。しかし、いつしか決められた美しさをなぞるだけになってしまったという人も少なくないでしょう。ReFa(リファ)はそのような人たちの鎖を断ち切る存在になるかもしれません。